都市伝説

ロシア睡眠実験の真相!都市伝説ではなかった?

ロシアで睡眠実験は実際にあったんです。決して、オカルトなどの都市伝説ではありません。ロシアの睡眠実験が本当に存在した事実を知ってどうするかはあなた次第。画像も出来る限り掲載するよう配慮しました …


ロシアで行われた睡眠実験について紹介しよう。

都市伝説と言われた真相は後ほど紹介するにして、まずはどんな実験が行われたのか、怖い話・気味の悪い話が苦手な人は、読むのをやめた方がいい、今すぐ忘れること。

大丈夫、問題ない人だけ、少し長くなるかもしれないが、心の準備をして読んで欲しい、、、

国家的政治犯を使った15日間の不眠実験

1940年代後半、ロシアの研究者は開発途中のガス状の覚せい剤を使用して、15日間5人を1部屋に閉じ込め強制的に目覚めさせ睡眠を奪った。

被験者は第二次世界大戦中に国家の敵とみなされた政治犯が選ばれた。

彼らは密室で隔離され、酸素摂取量によって状態を観察、高濃度で有毒だったが、ガスは彼らを殺さなかった。これは監視カメラはあるものの、マイクと5インチ厚のガラス製の窓(マジックミラー)がついた扉からモニターしました。

部屋には書籍、横になるベッドがありますが、寝具はなく、水とトイレ、乾燥した食べ物のみを準備した。

 

被験者と嘘の約束を交わす

被験者には、

30日間、眠らなければ釈放する

と虚偽の約束を交わした。

 

5日後

最初の5日間はすべてうまくいった。

しかし、5日を超えたあたりから重度の妄想症を示すようになり、小言をマイクに向かって囁くようになりました。

奇妙なことに、”仲間内でマイクに向かって文句を言うことが被験者同士の信頼を得ることができる”と思っていたようで、研究者らはこれがガスそのものの影響であると疑った。

 

9日後

彼らの1人が急変した。

最初は叫び始めた、3時間連続して繰り返し叫んだのだ。時折、鳴り響くだけの音しか出せなかったため、研究者は、彼が声帯が傷つき声が出なくなったと仮定した。

この行動に関する最も驚くべきことは、他の捕虜がどのように反応したか、あるいはそれに反応しなかったことでした。捕虜の二人目が叫ぶようになるまで、彼らはマイクロフォンに囁き続けました。捕虜たちは、本を別々に取り出し、ページの後ろに自分の糞(うんこ)を塗って、扉のガラス窓に静かに貼り付けた。

その後、叫び声はすぐに止まり、マイクから何も聞こえなくなったのです。

 

さらに3日が経過(12日後)

研究者は、5人の音が聞こえないとは考えられなかったため、マイクを1時間ごとにチェックして生きていることを確認しました。

密室内の酸素消費量は、全員がまだ生存していることを示した。実際には、激しい運動をした時のような非常に重いレベルで5人が消費する酸素の量でした。

 

14日目の朝

捕虜から反応を得るために、解放するフリをした。

彼らは室内に向かって、「解放してやる。ドアを開けるから、全員床に伏せろ!」驚いたことに、彼らは穏やかな声で、

僕らはもはや解放されたくはありません

インターホンを使用してそれ以上の応答がなかったため、調査に資金を提供した研究者と軍隊の間で討論が起こりました。

議論の結果、15日目の真夜中に部屋を開け調査することになったのです。

 

15日目の真夜中

部屋を開けるために、ガス状の覚せい剤を新鮮な空気で中和し始めました。

すると、すぐにマイクから声が聞こえ始めました。3人の異なる声が、愛する人が奪われた時のように懇願し始めたのです。密室が開かれ、兵士が送られて被験者を引き取った。彼らはこれまで以上に大声で叫び始めました。そして、兵士たちは、内部にあるものを見たときにゾッとしました。

5人の被験者のうち4人はまだ生きていましたが、みな人間かどうかさえわからないような状態だったのです。過去5日の食糧配給は手につけず、死んだ被験者の大腿部から取ったであろう肉の塊を、部屋の中央にある排水口に詰め込まれていました。

排水が妨げられ、部屋内には10センチほど水が溜まっていた。床上の水が血液だったと誰もこの時は想像すらしないだろう。4人の「生き残った」被験者達は、筋肉と皮膚の大部分が体から引き裂かれていました。

傷は手ではなく歯で肉と骨が破壊され、損傷の位置および角度から見ると、ほとんどが自発的であったことを示した。4人は皆、自らの胸郭の下にある腹部器官を除去していた。心臓、肺、および横隔膜がそのまま残っている間に、肋骨に付着した皮膚および大部分の筋肉が裂けて、肺が胸郭を介して露出していた。

すべての血管や器官はそのまま残っていて、取り出されて床に置かれていました。残っている4つの消化管が働いて、いまだに食物を消化することが分かった。彼らが消化していたものは、彼らが数日のうちに切り取って食べた自分の肉であることがすぐに明らかになりました。

 

被験者による暴動

兵士の大部分は施設内のロシアの特殊捜査官であったが、依然として多くの被験者を制圧するために司室に戻ることを拒否した。

彼らは叫び続けて部屋の中に放置され、交互に懇願し、私達が眠ってしまわないようにするためにガスを戻すように要求した。誰もが驚いたことに、被験者は部屋からガスが取り除かれまいと暴動が起きたのだ。ロシアの兵士のうちの1人が喉が裂けて死亡し、もう1人は睾丸が裂け、脚の動脈が被験者の歯の一つで切断されて重傷を負った。

事件の後、数週間で自殺した人を数えると、兵士の5人が命を失った。

闘争では、4人の生きた被験者のうちの1人が脾臓を破裂させ、医学研究者は彼を鎮静させようと試みたが、手遅れだった。彼はモルヒネ誘導体のヒト投与量の10倍以上を注射されたが、角をつけた動物のように抵抗し、医師の肋骨と腕を負傷させた。

心臓が止まった後も、彼はさらに3分間叫び続けて、近くにいる皆を攻撃し、”もっと”という言葉を何度も繰り返し、動かなくなるまで苦しんだ。

 

生存していた3人の被験者

生存していた3人の被験者は、激しく拘束され、医療施設に移動された。

3人のうち最も負傷した被験者は、外科手術室に連れて行きました。臓器を体内に戻すように被験者を準備する過程で、手術のために準備するために与えた鎮静剤が免疫されていることが判明、彼には麻酔ガスが効かないため拘束に対して激しく抵抗した。

彼はその手首を拘束している90kgの兵士の体重でさえ、一方の手首に10センチ幅の革のストラップをするも拘束できない。少しだけ麻酔薬の効いて、まぶたが閉じてしまった瞬間に彼の心は止まった。

手術台で死亡した被験者の剖検では、彼の血液が正常な酸素レベルの3倍を有することが判明した。彼の骨格にまだ付着していた彼の筋肉はひどく引き裂かれ、彼は自分の骨を自身の力で9本壊しました。

 

2人目の生存者

2人目の生存者は5人の被験者のうちの最初に叫び始めた被験者だった。

彼の声帯は破壊されて手術を受けたり拒否することができず、麻酔ガスが彼の近くに持ち込まれたときには不快で頭を激しく振って反応しただけだった。彼らは麻薬なしで外科手術を試み、腹部の器官を交換して皮膚に残ったものでそれらを覆そうとする6時間の処置のすべてに反応しなかった。

外科医の主宰者は、「患者がまだ生存していることが医学的に不可能だ」と繰り返し述べている。手術を手伝った恐怖の看護師は、患者の目が彼女の目に会うたびに、何度か笑顔になっているのを見ていたと述べた。

手術が終了したとき、被験者は外科医を見て、騒がしいうちに話をしようと大声で声にもならぬ音を出した。これが劇的なものでなければならないと仮定すれば、外科医はペンとパッドを持っていたので、患者にメッセージを書かせた。

それは簡潔で小さな声で、、、「もっと切ってくれ

 

 

他2人の被験者

他2人の被験者には、麻酔薬もなく同じ手術を施した。

彼らは手術中に麻痺を伴う注射を受けなければならなかった。外科医は、患者が連続して笑っている間のみ麻痺することを発見した。麻痺した被験者は、研究者達の目の当たりを追うことしかできなかった。

しかしながら、麻痺患者は異常に短期間で免疫を作り、すぐに彼らは拘束具を逃れようとしていました。彼らが話すことができる瞬間にはいつも、再び覚醒剤ガスを求めていました。研究者たちはなぜ自分たちが負傷したのか、なぜ彼らは自分の腸を切り裂き、なぜ彼らは再びガスを欲しがるのかと尋ねた。

1つの応答が返ってきた

私は眠ってはならないんだ

再び実験室へ密閉

3人の被験者の拘束がすべて強化され、彼らは何をすべきかについての決定を待っている部屋に戻されました。

研究者たちは、軍上層部から研究中止の命を受け、このままではプロジェクトの秘密が漏れてしまうため、生き残った被験者を安楽死させると考えた。しかし、指揮官は元KGBが代わりに潜在的な可能性を見出し、彼らがガスに戻った場合にどうなるかを見たいと思っていました。研究者は強く反対したが、却下された。

再び実験室内に密閉する準備として、被験者を脳波モニターに接続し、その拘束物を長期間閉じ込めるために取り付けた。誰もが驚いたことに、3人全員がガスが再開されることを伝えた瞬間、苦しみを止めました。話すことができる被験者の1人は、大声で連続的にハミングしていた。

脳波を計測するために最初に配線されて以来、ほとんどの研究者は脳波を驚くように監視していました。彼らはほとんどの時間は正常でしたが、時にはフラットなものがありました。それは、彼が繰り返し脳死に苦しんでいるかのように見え、正常に戻った。

彼らが脳波モニターからスクロールしている紙に焦点を当てるにつれて、ある看護師だけが頭が枕に当たったのと同じ瞬間に目がスリップするのを見ました。彼の脳波はすぐに深い睡眠の脳波に変わり、その後彼の心臓が同時に止まると最後にフラットラインになった。

 

お前は一体何者だ?

彼の脳波は、ちょうど眠って死亡した人と同じフラットラインを示した。

司令官は、2人の被験者と3人の研究者をともにして密室にするよう命令した。指名された3人のうちの1人が直ちに銃を撃ち、目の間の指揮官を撃った後、銃をもう1人の研究者に向けるとともに、脳を吹き飛ばした。

お前は一体何者だ?

彼はテーブルに縛られた男に叫んだ。

すると、被験者は微笑んだ。

あなたはとても簡単に忘れてしまっているようですね。

私たちはあなたですよ。私たちは、皆さんの中に潜んでいる狂気そのもの。あなたの最も深い心の中で、いつも自由になるよう誘っているんです。

そう、あなたが毎晩ベッドの中で隠している”モノ”ですよ。

研究者は息を飲んだ。

その後、研究者は被験者の心臓を撃ち抜いた。被験者の脳波は弱くなってゆく。

そう…これで自由だ…

 

まとめ

いかがだったでしょうか、、、怖かったですねー。

それでは、さよなら、さよなら、さよなら。(日曜洋画劇場 淀川長治風)

これは、Creepy pastasによる作り話でした。→ THE RUSSIAN SLEEP EXPERIMENT

都市伝説でなかった本当に行われたロシアの睡眠実験

一方で、この記事の冒頭にもお話した都市伝説でなかった本当に行われたロシアの睡眠実験は、ロシア人の心理学者であり科学者でもある Marie de Manacéineという女性が、5人の囚人ではなく、仔犬を不眠にさせたもの。

これは、1894年に発表された”完全な睡眠の欠如が致命的な結果を招く”という論文の実験。仔犬たちは完全に睡眠を奪われ、数日以内に死亡した、、、

という怖いというより悲しい話。

 

本当にいた!?55年間も眠っていない男

実は世界でも稀にみる珍現象が巷を賑わせていて、なんと55年間も眠っていないという男に世界中から取材が集まっています。

詳しくはこちらの記事からどぞ。↓

ピックアップ記事

  1. 腹巻はパンツ一体型をおすすめする理由!メンズはNG
  2. うつぶせ寝で選びたい枕【メリットとデメリット】
  3. 二度寝防止!もう頭痛も怖くない対策グッズ・アプリまとめ
  4. 男の腹巻はダサいはもう古い!おすすめ腹巻メンズまとめ
  5. うつ伏せ枕で失敗しない選び方

関連記事

  1. 都市伝説

    バクと獏?夢喰いバクを探してみた

    子どもの頃に、バクは夢を食べるという動物だというイメー…

  2. 都市伝説

    究極の不眠症・眠らない人間の真実

    眠らないなんてあり得るの?多くの人達がきっと懐疑的な思いでこの記事を見…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今週、最もアクセスのあった記事

  1. 寝つきが悪い
  2. うつぶせ寝 枕

あなたにおすすめの記事

  1. 睡眠時間 3時間
  2. 仰向け
  3. うつ伏せ 枕
  1. 空気

    寝室が寒いと命の危険も!暖房器具は冬の3点セット
  2. 正夢とは

    正夢とは?【正夢の意外な正体】
  3. 二度寝防止

    二度寝

    二度寝防止!もう頭痛も怖くない対策グッズ・アプリまとめ
  4. いびき

    いびき 枕って本当に効くの?いびきを防止する枕まとめ
  5. 昼寝

    午睡(ごすい)の本当の意味・厳密には昼寝とは少し違う使い方
PAGE TOP