睡眠のプロ

西野精治(にしの・せいじ)

西野精治(にしの・せいじ)

 

スタンフォード大学医学部精神科教授、同大学睡眠生体リズム研究所(SCNラボ)所長。医師、医学博士。

 

1955年大阪府出身。大阪医科大学卒業後、1982年から2年間、

大阪府堺市杏和会阪南病院で研修医を務め、

1987年、大阪医科大学大学院からスタンフォード大学医学部精神科睡眠研究所に留学。

 

突然眠りに落ちてしまう過眠症「ナルコレプシー」の原因究明に全力を注ぐ。

 

1999年にイヌの家族性ナルコレプシーにおける原因遺伝子を発見し、

翌2000年にはグループの中心としてヒトのナルコレプシーの主たる発生メカニズムを突き止めた。

 

2005年にSCNラボの所長に就任、

睡眠・覚醒のメカニズムを、分子・遺伝子レベルから個体レベルまでの幅広い視野で研究している。

 

「睡眠の謎を解き明かして社会に還元する」を命題としており、

多くのアスリートから支持されている「エアウィーヴ」の開発研究にも携わった。

 

科学分野の人材育成への思いから、

大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎北米支部同窓会会長も務めている。

 

『スタンフォード式 最高の睡眠』は発売当初から話題を集め、

各種メディアで大きく取り上げられ、

睡眠本としては異例のシリーズ30万部を超えるベストセラーとなった。

 

また、韓国、台湾、中国をはじめ、トルコ、ブラジルなど世界各国で翻訳が決定している。

 

created by Rinker
¥1,575 (2018/12/17 11:58:31時点 Amazon調べ-詳細)

ピックアップ記事

  1. うつ伏せ枕で失敗しない選び方
  2. みんなが買ってる ベイビーナイトライト Baby night Light / V…
  3. とにかく可愛い腹巻帽子はやっぱり自作?おすすめのOpal毛糸5選!
  4. レム睡眠の目覚ましが最も体に良いワケと目覚ましの選び方
  5. 遮光カーテン、子どもの睡眠を守るなら迷わず遮光1級

関連記事

  1. 睡眠のプロ

    千葉伸太郎(ちばしんたろう)

    1988年東京慈恵会医科大学卒業後、…

  2. 睡眠のプロ

    睡眠負債の生みの親 ウィリアム.C・デメント

    レム睡眠発見者の一人であり、スタンフォード大学睡眠医学研究所の…

  3. 睡眠のプロ

    白川 修一郎(しらかわ しゅういちろう)

    眠評価研究機構代表、医学博士 睡眠評価研究機構代表、日本睡眠改…

  4. 睡眠のプロ

    坪田聡(つぼたさとる)

    1987年 医師免許取得後、医師として診療にあたる。&…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今週、最もアクセスのあった記事

  1. うつぶせ寝 枕

あなたにおすすめの記事

  1. 寝起き めまい
  2. 仰臥位とは
  3. ナルコレプシー 病院
  4. うつ伏せで寝る
  1. 金縛り ストレス

    金縛り

    金縛りはストレスが原因?【ストレスチェックおまけつき】
  2. 金縛り 前兆

    金縛り

    金縛りは前兆を掴め!【前駆症状まとめ】
  3. 昼寝

    仮眠で人生を豊かに?休日のルーティンこれで決まり
  4. 寝起き

    寝起きの動悸は甘く考えてはいけない!
  5. 横向き枕

    寝方

    横向き枕で失敗しない3つの選び方
PAGE TOP