ニュース×睡眠

10代の睡眠不足は危険・自殺もありえる

米国では、

睡眠時間が少ない10代は自殺など

危険な行為を行う可能性が高まるという調査結果が

小児科関連の医学誌に発表され、

医学界で注目されています。

 

 

調査内容

調査内容は睡眠時間と危険性の高い行為について測定し、

睡眠時間は「8時間かそれ以上」「7時間」「6時間かそれ以下」に分類。

 

危険を冒すような行為とは、

飲酒運転をはじめ、安全でない可能性のある性行為、攻撃的行動、

アルコールやたばこ、ドラッグなどの使用が含まれています。

 

調査結果

調査によれば、

学校がある日の前夜の平均の睡眠時間が少なくなると、

安全でない行動を行う確率が高まるという。

 

夜間の睡眠が6時間未満の10代は、

8時間以上睡眠をとる10代と比べて、

自殺を考えたり、自殺を計画したり、

自殺を試みたりする可能性が3倍以上に高まったよう。

 

また、治療が必要となる自殺未遂の可能性も4倍以上に高まる。

 

高校生の睡眠実態

研究者は2007年2月から2015年5月の期間について

若年層の危険を伴う行動に関する調査データを調べました。

 

高校生の睡眠実態は、

8時間の睡眠が推奨されているものの、

高校生の70%以上がこれよりも少ない睡眠時間でした。

 

今回の調査以前にも、

睡眠時間が8時間未満の高校生は自ら不利な行動をとる危険性が

高まる可能性が指摘されていました。

 

まとめ

 

 

今回の調査結果は私達が前から思っていたことを

裏付けてくれるような内容で、

改めて10代の青春期にとって睡眠の質云々は関係なく

睡眠時間という睡眠の量が大切だということが証明されました。

 

以前より、

子供がグレるのは第一に家庭環境が原因で、

その中でもお腹一杯食べさせてやることが必須条件だということ。

 

次に、よく寝ること、最後に清潔にさせること。

 

ようはお風呂に毎日入らせ、

清潔な衣服を着させてやること。

 

まさに、これが衣食住の基本です。

 

一見、当たり前のようなことかもしれませんが、

最近ではグレ方も色んなグレ方があって、

一括りには出来ませんが

10代とくに中学生や高校生は子供から大人へ変化してくる時期で

子供にとってはかけがえのない時間です。

 

ポイントさえ押さえて、

後は自由奔放にさせてあげる。

 

それさえ守っていれば、

子どもがグレることはありません。

 

既にグレているなら、

もう一度基本に立ち返ってみま立ち返ってみては。

 

どちらにせよ、

放任ではなく最低限のコミュニケーションが必要なことは、

言わずもがなでしょうが。

 

ピックアップ記事

  1. 加湿器病?子ども部屋の加湿器はこう選ぶ
  2. うつぶせ寝で選びたい枕【メリットとデメリット】
  3. レム睡眠の目覚ましが最も体に良いワケと目覚ましの選び方
  4. 湯たんぽのおすすめ【かわいいものだけ3選】
  5. みんなが買ってる ベイビーナイトライト Baby night Light / V…

関連記事

  1. レム睡眠

    ニュース×睡眠

    レム睡眠の有り無しで天才か賢者か、あなたはどっち。

    体は寝ていて脳は起きている状態の「レム睡眠」を引き起こすのに必須の二つ…

  2. ニュース×睡眠

    小学生低学年から記憶力を上げる方法

    北米はカナダ・オンタリオ州より最新の調査結果が発表された。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今週、最もアクセスのあった記事

  1. うつぶせ寝 枕

あなたにおすすめの記事

  1. 睡眠時間 5時間
  2. 正夢とは
  3. 過眠症チェック
  4. 金縛り 幽体離脱
  1. 睡眠時間 7時間

    睡眠時間

    睡眠時間は7時間より7時間半の方が良い理由
  2. 過眠症 うつ

    過眠症

    過眠症とうつ(鬱)病の間にあるしがらみ
  3. Bad feeling

    寝起き

    寝起き が 気持ち 悪い!何が原因?対策まとめ
  4. 昼寝

    世界が認めるパワーナップ(昼寝)のすべて
  5. 寝起き 背中 痛い

    寝起き

    寝起きに背中が痛いのは内臓が原因?予防と対策まとめ
PAGE TOP