みんなが買ってる ベイビーナイトライト Baby night Light / VAVA

子どもの睡眠環境を守るため、常夜灯ではなくナイトライトは必須ということでした。

 

睡眠環境について詳しくはこちらのページをご覧ください。 → 子どもにとって快適な「睡眠環境」とは ~3本柱その①~

 

ナイトライトでリサーチしたところ、一番人気のナイトライトはVAVA社が出している、

Baby night Light で決まりです。

 

他にもVAVA社が出しているナイトライトがあったり、

デザインで好き嫌いあったりするので結局は個人の好き嫌いに分かれてしまうんですが、

デザインにこだわっているナイトライトは価格も高め、私はコスパ重視なので、

こだわりよりも安心感、それなら一番人気が無難という考えです。

(VAVA社のデザインもシンプルで悪くないんですよ)

 

子ども向けナイトライトを選ぶ基準

  • 色は赤、オレンジ、ピンクといった暖色系
  • 2~3ルクス以下に調整できること
  • コンセント差込ではなくコードで延長できるタイプ
  • 子どもが成長して必要なくなっても使える飽きがこないデザイン

 

私が基準としたのはこのくらいでしょうか。

 

ようは、子どもにとって明るすぎないこと、

授乳をする際など必要な明かりが確保できるかということ、

この2点がクリアできるようにと考え決めました。

 

コードで延長できれば、授乳など最適な位置を決めることができますから、

私にとっては必須項目でした。

 

この点では、Baby night Light は充電式にもなり得るので便利だなと。

 

明るさを上げてしまうと、子どもの目が覚めてしまいますから、

あえて位置だけで調整するのがいいと思います。

 

2~3ルクス以下に調整するため簡易的な照度計も買いました。

アプリは使えなかったのでしょうがなく照度計を → 照度計アプリ QUAPIX Lite は使えない

 

新型か旧型か

どっちでもいいことなんですが、VAVA社のBaby night Light には、

新型と旧型があります。

 

   

個人的には旧型の方がデザインが好きです。

 

丸っこくて可愛いから。

 

新型と旧型の違いは、大きくわけて3つです。

 

それは、充電後の連続稼働時間と充電ベースの有無、そして価格。

 

稼働時間は最大80時間→200時間に。

 

   

また、旧型は直接プラグを差込み充電するタイプなのですが、

新型はベースに置くだけ。

 

価格は新型2,799円、旧型2,000円とあまり安くはありませんが、

他のナイトライトと比べればコスパは高いと思っています。

 

結局どっちを選んだのか

 

私は、デザインが可愛いのと、価格が安いから旧型にしました。

 

だって、80時間もあれば十分、数日は使えますから、、、(笑)

 

私は基本的におおよそ3日に1回、週に2回(日、水)に充電すると決めています。

 

でも、利便性はもちろん新型の方が言い訳で、結局は好みが分かれるところですね。

 

どうせ、ナイトライト買うんだったら私はVAVA社の Baby night Light をおすすめします。

 

VAVA社の Baby night Light

こちらが旧型です。

こちらが新型です。

ピックアップ記事

  1. 仰向けで腰痛は悪化!【原因と対策まとめ】
  2. 湯たんぽのおすすめ【かわいいものだけ3選】
  3. うつ伏せ枕で失敗しない選び方
  4. 照度計アプリ QUAPIX Lite は使えない
  5. 加湿器病?子ども部屋の加湿器はこう選ぶ

今週、最もアクセスのあった記事

  1. うつ伏せ 枕

あなたにおすすめの記事

  1. ナルコレプシー セルフ チェック
  2. 過眠症 病院
  3. ノンレム睡眠
  1. 寝すぎ 頭痛

    寝すぎ

    寝すぎて頭痛なんてもう嫌だ!原因や治し方の全て
  2. 金縛り 英語

    金縛り

    金縛りの英語表現は3種類!【世界の金縛り事情】
  3. 睡眠Q&A

    子どもの睡眠Q&A~メンタル編~
  4. うつぶせ寝

    寝方

    うつぶせ寝は赤ちゃんと大人で違う?【正しいうつ伏せ寝】
  5. 寝起き 胃痛

    寝起き

    寝起きに胃痛!なぜ?たった2つの理由と対策!
PAGE TOP